ねんねこ

  • 2016.09.29 Thursday
  • 23:40

zepp tokyoのキリンジ行って来た。
6人キリンジの曲で好きなベスト3に入るfugitiveとネンネコが聴けて嬉しい。もちろん、生「満室!」も。高樹ソロアルバムからまさかの涙のマネーロンダリングも良かった。
でも今回、自分の中でダントツ一番テンション上がったのがGolden harvestで、イントロできゃーってなってからふと、これ兄弟キリンジの曲だと我に返って急にしょんぼりする。

その夜は、昔ファンクラブ特典でもらった、兄弟キリンジ最後のライブ音源をイヤホンで聴きながら眠った。

* * * * * * * *

写真は物販で買った鎌倉コケーシカのキリンジマトリョーシカ。今回の物販はキリンジ史上最高のクオリティなのではないかと。いいお値段なので直前まで迷ったけど、そもそも前からコケーシカのマトリョーシカが欲しかったので、一石二鳥かも?と思い切って買った。なのでバンダナもマスキングテープもポーチもがまん。

ネコがいる君の傍らに

  • 2016.08.05 Friday
  • 15:12

iPhoneImage.png

 

キリンジとサニーデイのアルバムが同じ日に発売という今年の夏。

でも夏になると私はやっぱり「ボイエンシー」が聴きたくなる。

前にも書いたかもしれないけど、「ボイエンシー」は聴けば聴くほど好きになるアルバムで、どの曲がいいというよりもアルバムを通して聴いて最高だなあと思う。

しかし昔の曲、というかヤスの歌声聴くといまだに泣けてくるわー。

 

なんてばっかり言ってないで「ネオ」聴きます。ライブも行くし!

 

* * * * * * * * * *

 

小学生時代の愛読書だった新井素子氏の、コバルト文庫『星へ行く船』シリーズがついに9月に復刊とのニュース!!

ものっすごい嬉しい!!あ〜全巻買うぞ〜!

少女小説なんだけどもちろんしっかりとしたSFで、当時子供ながらに今まで読んできたコバルト文庫とはなんだか違うぞと、わくわくしながら読んだものだ。

魔法的一週間

  • 2016.07.11 Monday
  • 16:55
iPhoneImage.png

先月は一週間の間に小沢健二の魔法的ライブとサニーデイサービスの東京20周年ライブとディズニーシーへ行くという、超アクティブ週間があった。

身体の疲れと、そして気持ちは90年代から日常に戻りきらず、いまだにぼうっとした日が多い。眠い眠い。でも妙に楽しい日々。きっと今もずっとおのぼりさん気分なのだろう。

こっちにいる間に小沢ライブに行けてほんとうに良かった。
「球体の奏でる音楽」から何曲か聴けたのが嬉しかったけど「犬」からもうちょっとやって欲しかった!

セットリストの半分くらいが新曲だったのでCD出るのかしら〜?

iPhoneImage.png

小沢Tシャツはグッと我慢。

そして今月はスイッチパブリッシングで、川上弘美氏と岸本さんのトークイベントがある・・行きたい・・・

魔法的

  • 2016.02.01 Monday
  • 12:55
小沢のけんちゃんの、例のクワトロのもろもろはどちらかというと傍観していた。というかちょっと引いてしまうところもあり、妙に切ない。前みたいにどっかーんとはいかない。
しかしライブはもちろん行きたいので申し込んだ。たぶんライブ行ったら爆発する僕のアムールなんだろうけど。

音楽、最近は北園みなみにはまっていてよく聴いている。一番新しいアルバムのタイトルは「Never Let Me Go」。
やっぱりカズオイシグロの小説からとったらしい。ファーストの「promenade」も気に入って聴いている。

それと、東京国際文芸フェスティバル!
柴田元幸さんの来日作家の徹底解説とか、松田青子さんたちの海外文学トークとか、川上未映子さんとイーユン・リーさんのプログラムとか、どれかに行きたいけど、ほんと迷っている。あー。
 

しみじみ

  • 2015.10.09 Friday
  • 15:47
iPhoneImage.png

先月末はもみじ市へ。靴作りをしている友達と久々に会った。私はけっこう外反母趾がすすんでいて、最近ではスリッポンじゃないと辛いほどになってしまった。なので足を計って作ってもらった靴は本当にありがたい。まだ茶色の靴を一足しか作っていないので、近いうちに黒の靴を作ってもらおうかなと思っている。

iPhoneImage.png

それと、今週は早稲田奉仕園のホールでサム・プレコップのライブ。昔の曲もやってくれて、しみじみ良かった。最近はもうライブもホールじゃないと行きたくないかも・・。座って聴きたい。
ここのところ家でもずっとサム・プレコップとシー&ケイクばかり聴いているんだけど、今月はジム・オルークも行く予定なので、そろそろ聴き始めようかな。
ライブやらイベントやら北海道にいたら行けないものばかりで楽しい日々。私たちにはたまたま子供がいないからこうやって夫婦で好き勝手にできるし、私たちにはこういう人生が合っているのかもなと思うようになってきた。

絹のスカーフは雨に濡れて重い

  • 2015.06.25 Thursday
  • 12:28
キリンジのビルボードライブへ行ってきた。新しいキリンジのは初めて見たんだけど、みんなアコーディオンやらヴァイオリンやら次から次へと楽器を変えててほんとに多才だわなあ。そしてなんと最後に兄氏は笛を・・。前にヤスのスチールパンを見たときのことを思い出したよ・・。
それにしてもビルボードライブは座れるしテーブルあるしお酒飲めるし快適すぎて、気がつけば家でテレビ見てるような気分になっててあわてた。

9月の池上本門寺のミニフェスも行きたいなあーー。→

* * * * * * * * * *

iPhoneImage.png

キャロットケーキが食べたくなって、初めて銀座のローズベーカリーへ行った。銀座は爆買いツアー客と思われる方々でぎゅうぎゅう。ニュースでは見ていたけれど目の当たりにしてびっくりした。生のきゅうりをかじりながら歩くおじさんもいて、都会にまた萎縮してしまう私・・。
キャロットケーキは本当に美味しかった。

最近乗り換えのときに品川のエキュートについ寄ってしまう。2FのPAPER WALLっていう本屋さんが小さいけど楽しいし、D-BROSもあるし。

* * * * * * * *

すんごい気になる本。装丁も内容もすごい好みなんだけど値段でちょっと躊躇している。3000円オーバーですぜ。でも欲しいなあ。
 

あたたかい夜のメロディ

  • 2015.04.07 Tuesday
  • 12:41


先月はサニーデイのライブで渋谷公会堂へ。
夜のメロディも白い恋人も聴けたし、すごくいいライブだった。なんたって座ってじっくりと聴けたのが良い。
みんな立ったらどうしようかなあと思っていたんだけど、始まっても全員座ったまま!
曽我部さんが「みんなが立ちあがったら座ってもらうように言うつもりだったけど」・・というようなことを言っていたが、平日で仕事帰りの人も多いし15年ぶり渋公ワンマンということは、来る人も15歳年取ったということ?笑
友達にも会えたし、サニーデイを通して知り合えた人がいたり、楽しい春の夜だった。

それにしても夜のメロディの歌詞って最高。

 ねぇ 世界がもう目の前にあるような そんな夜ってないかい?

から始まって、決してエロいんじゃなくて艶っぽいながらも哀しくてあたたかく終わる。

* * * * * * * * * *



せっかく渋谷へ行くんだしと思って、早めに行ってヒカリエをゆっくり見た。
コレックスでアラビアやイッタラのビンテージ食器が色々売っていて久々にギラギラしてしまう。しかもアイスホッケーチームの絵柄のプレートを発見!ホッケー好きのK氏にメールしたら「欲しい!!」とすぐに返事が来たけど、ライブ前だから我慢して後日購入。
あとで検索したら、どうやらヘルシンキでホッケーの世界選手権が行われた記念のものらしい。
でも今はシーズンオフなので、引き出しにしまっておいて、秋になったら出そうと思う。

進水式

  • 2014.08.08 Friday
  • 09:30
KIRINJI新譜を初めて聴く幸せはアルバム一枚に付き一度しかない。
春樹にしてもラーメンズにしても、この幸せがあと何回・・と考えたくないが考えてしまう。

進水式はもちろん好きだけど、一曲は必ずあるぶっ飛び歌詞枠に入るであろう「fugitive」もかなり好きだし(ニコ生ライブで聞き取れなかったところの歌詞が実は衝撃の展開だった)、「シーサイド・シークェンス」も例のイントロからK君とかなり盛り上がった。というか、ハズレなしじゃないかと。

ありきたりな言い回しだけれど、全部聴き終わってみて映画を一本観終わったような、長編一冊読み終わったような気持ちで充実。

この曲をヤスが歌ったら、とか考えてしまわなくもないけど。やっぱり私は兄曲兄歌詞が好きなんだなと。

あの大きなこころ

  • 2014.04.10 Thursday
  • 21:45
今さらですけど、おざわくんの件。
いいとも録画なかなか見る心構えが出来なくて結局2日後くらいに見た。

で、やっぱり泣いた。なんというか、おざわの曲を横で聴くタモさん、というシチュエーションが泣けた。
例の「左へカーブを曲がると光る海が見えて来る」・・からの歌詞の素晴らしさの話をふまえてその曲をタモさんに贈るおざわくんは、タモさんを全肯定しているようで、そしてそれを横でしっかりと受け取ったタモさんも幸せそうで、、とか勝手に深読み想像してじーんとした。

CM中にブギーバックまで!!!


積みすぎている。

  • 2014.01.08 Wednesday
  • 17:58
ニコ生で、新しいキリンジのライブを見た。犯人の歌!?(サビの歌詞が、”刑事さん私何も知りません”だった・・。)も良かったが、「進水式」もすごく良かった。
兄が曲を作るきっかけになったと言っていた「海炭市叙景」、好きな映画だったのでちょう興奮したわあ!

もともとは、映画の音楽がジム・オルークだったことからK君に勧められて観た映画だったので喜び勇んでK君に報告したが、反応薄でがっくり。私が興奮しすぎてたせいかしらん。


ちなみに原作本は積んでいます。佐藤泰志作品集まで買ったのに・・。
海炭市(モデルは函館市)に生きる人たちの連作短編で、18編あるうちの5編が映画になったそうで、これは小説読まないとなあ。
こっちが小説↓

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM