青空は不吉

  • 2016.07.25 Monday
  • 09:31

最近長く電車に乗ることが多かった分、文庫を多めに読んだ。
田辺聖子の『おちくぼ姫』と北欧ミステリーの『偽りの楽園』は、ほぼ電車の中で読み終えた。どちらも読みやすいうえに続きが気になってどんどんすすむから、自分にとっての電車読書にはぴったりだったなあ。

しかし何よりミルハウザーの『エドウィン・マルハウス』のすごさ!!

単行本は迷って結局買わずじまいだったので、この度の文庫化をきっかけに読んでみた。長いからどうかなと思ったけど、あっという間にはまってしまう。

さびれた遊園地とか雑貨屋とかの細かい描写がたまらなく良くて、でも読み進めていくうちにその描写の隙間に不穏さが見えてくる。キラキラしたものと不穏さが決して裏表ではなく、同時に同じ熱量で存在している感じがすごい。特に最後の方の澄んだ青空の不吉さには鳥肌がたった。

 

スポンサーサイト

  • 2017.08.03 Thursday
  • 09:31
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << August 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM